バス・トイレ・洗面台

バス・トイレ・洗面台は家族みんなで汚さない工夫を

お風呂場やトイレ、洗面台などの水まわり設備は、使うたびに水しぶきや石鹸、汚物などを含んだ水滴が跳ね散るなどして、どうしても汚れがちなスペースです。
しかも頻繁に使う場所なので、少し放置しておいただけで手強い汚れが残ってしまいます。一番の対策は使ったすぐ後の簡単なお掃除。これを家族全員の習慣として徹底すれば、水まわりの掃除の手間は大きく削減され、汚れ自体も付きにくくなります。家族の一致団結した協力が、水まわりを美しく保つのです。

最後にお風呂を使う人が掃除係に

バスルームの汚れ・ヌル付きの原因は飛び散った石鹸のカスや汚れから生じた微生物によるものです。また、身体を洗い流すときに飛び散る皮脂分はカビ菌の大好物なので、これも洗い流さなければなりません。

こうした汚れは付いたらすぐ落とすのが効果的。その日最後にバスルームを使う人が風呂から上がる前にシャワーで洗い流しましょう。皮脂や石鹸カスは遠くまで飛び散っているので全体を洗い流すこと。

また、水がかかりにくい隅や陰にはカビ菌が潜んでいるので、ここも熱いシャワーで流して皮脂を洗い落とし、その繁殖を防ぎます。一通り流したら、水シャワーで浴室温度を下げて水蒸気を抑えるのがポイント。

最後に全体の水滴を軽く拭い、窓を開けて換気しておけば完璧です。

週に一度は浴室洗剤で浴室全体を清掃

毎日お風呂を掃除しても、壁や天井などヌル付きを完全に除去するのはなかなか難しいのが現実です。そこで週に1度は浴室の洗剤を使い、念入りなお掃除も必要になります。

ヌル付きがある場所を中心に浴室洗剤で丁寧に洗い流し、収納棚や鏡、照明などの器具類もそれぞれ清掃。終了後はよく風通しして浴室全体を乾燥させます。

また、タイルの目地や天井にカビが生えてしまったら、早めの対処が不可欠です。市販のカビ取り剤や漂白剤(塩素系)などをそれぞれの用法に従って塗り付け、一定時間放置したのち洗い流します。また、金属製品の錆がタイルや目地を汚してしまったときは、使い古しの歯ブラシに食器用クレンザー等をつけて擦るとよいでしょう。

清潔なトイレは使用後のひと手間がカギ

使うたびに細かな汚れが積み重なるトイレは、使った人がひと手間掛けることで汚れ方が違ってきます。

特に男性は小用後、トイレットペーパーやトイレ用クリーンペーパーなどで便器や便座、周囲に飛び散った尿の水滴を拭き取ることを習慣に。

さらに、毎日のお掃除では便器内側を棒たわしで磨き、週に1度はトイレ用洗剤で洗浄。さらに月に1度は念入りに便器全体を清掃します。普通の汚れは洗剤をかけ、数分経ったらブラシやスポンジで擦り洗い。落ちにくい汚れは、さらにクリームクレンザーなどを使って磨きましょう。便座は固く絞った柔らかい布で毎日拭き、週1度はトイレ用洗剤を使って拭きます。

また、手洗い付きタンクは水洗いボウル内が水垢やほこりで汚れやすいので、毎日雑巾で拭くと良いでしょう。

温水洗浄便座は精密な電気製品

ウォシュレットやシャワートイレと呼ばれる温水洗浄便座も、使うたびに清掃した方がよいのは普通の便器と変わりません。ただし、毎日お掃除で乾燥した硬い雑巾を使うと傷がつく場合があるので、よく絞った柔らかい布で拭くようにしましょう。

また、精密な電子部品が数多く使われている電気製品なので、水を掛けたり分解するのは禁物。清掃時にコードのねじれや接続部のゆるみがないかチェックし、旅行などで長期間使わないときは電源を切ってプラグを抜き、本体の水も抜いておきます。

なお、電気製品だけに長年にわたって使い続けると老朽化して故障や消耗したり、感電や漏水、火災などにつながる恐れがあります。10年以上使用している場合は、一度専門店に点検を依頼してみると良いでしょう。

水気を拭きとり換気注意の洗面所

洗面化粧台が置かれ、浴室やトイレ、洗濯機等々と隣接する洗面所は、どうしても多くの水跳ねにさらされがち。これが床や壁の腐食、水漏れなどのトラブル発生の原因になります。
日頃から床や壁、器具類に飛んだ水滴は、その都度こまめにふき取るようにして、頻繁な換気を第一に心がけましょう。

お掃除は週に1回。まず汚れやすい洗面台ボウルにこびりついた石鹸やホコリ、毛髪などを取り除き、浴室用の中性洗剤などを使って汚れを拭き取り、洗い流し、最後に硬く絞った雑巾で拭いて仕上げます。
ボウルの黒ずみなど取れない汚れはクリームクレンザーなどで磨き落としましょう。

なお、寒さの厳しい時期に洗面ボウルに熱い湯を張ったり、ガラス容器を落とすと、ひび割れる恐れがあるのでくれぐれもご注意ください。