キッチン

家族だんらんを生み出す「キッチン」のお手入れ

大切なマイホームを心地よく保ち、できるだけ長持ちさせて資産価値を守るには、日ごろのお掃除とお手入れがカギとなります。
中でもキッチンは、食事作りを通して家族だんらんの源を作り出す大切なスペース。汚れやすく、傷みやすい場所でもあるからこそ、身体と心の健康のために常に清潔で心地よく、使い良い状態をキープしていかなければなりません。
ここではキッチンまわりの掃除とお手入れについて、様々な角度からアドバイスしていきます。

毎日のお掃除と定期的な点検修理がカギ

1日何度も火と水を使う場所だけに、すぐに汚れたり傷んだりしてしまうのがキッチン。これを清潔に保つには、こまめなお掃除と定期的なお手入れが欠かせません。

まず、料理をしたらその都度、皿洗いの後などに簡単な拭き掃除を行います。
また、換気扇や壁面など毎日は掃除しきれない場所は、それぞれの汚れ度合いに合わせて定期的な清掃&お手入れ計画を決めて、忘れずに実行。
換気扇など、手が届きにくく面倒な場所だからと言って後回ししてしまうと通常の清掃では汚れが落ちきらなくなる場合もしばしばです。

毎食後~毎日~週1度、長くても月1度程度の清掃サイクルを考えましょう。

水まわりは素材に合わせて洗剤を選ぼう

キッチンのカウンターシンクなどの水まわりは、夕食後のお片付けのタイミングでお手入れします。
キッチンカウンターやシンク部分は、スポンジに台所用洗剤をつけて洗い、さらに水で洗い流して最後に水気はきれいに拭い去ります。放置すると不潔なだけでなく、調味料や金属成分などの付着物がサビ発生の原因になりかねないので要注意です。

また、人造大理石やメラミン性の調理台は専用の洗剤で磨き、ぬるめのお湯で拭き上げます。
また、人造大理石でもステンレスでも、金属たわしや粉末クレンザーなどは表面を傷つけたり変色の原因となるので、使わない方が良いでしょう。蛇口など水栓器具類は中性洗剤で磨いて水洗いすればOKです。

意外に汚れているガスコンロ

黒っぽいので気づきにくいですが、吹きこぼれ等で意外と汚れるのがコンロまわりです。
こびりついた汚れは錆びを発生しやすくするので、ガスコンロは使うたびにお湯拭きし、こびりついた汚れはキッチン用洗剤を振りかけしばらくたってから磨きましょう。

ゴトクは台から外して住宅洗剤やクレンザーなどで磨き、レンジの受け皿はキッチン用洗剤を溶かしたぬるま湯に着けて汚れを浮かしてから磨き上げます。

また、ガスレンジに比べると掃除が楽なIHクッキングヒーターも、放置しておくと高温で汚れが焼けて焦げ付き、こびりついてしまいます。こちらも、汚れはその都度、スポンジや柔らかい布などできれいに拭き取りましょう。

月1回の換気扇掃除を習慣に

汚れやすいのに掃除しにくいのが換気扇。でも年に一度の大掃除だけでは、こびりついた油汚れを落とすのも一苦労です。部品が取り外せる換気扇なら、月1回お手入れした方が汚れも落としやすいはず。

まずは、電源スイッチを切ってプラグを抜き、ファンやカバーなど外せる部品を取り外します。ヘラや割りばしなどを使って層になった油汚れを削り落とし、用途に合った住宅用洗剤をかけて10~15分程度放置。その後、ぬるま湯につけてブラシや使用済み歯ブラシなどで擦り洗いしましょう。

取り外せない部品などは、洗剤をつけた柔らかい布で拭き掃除し、その後水拭きします。なお、スイッチ部やモーター、電気関連の接続部等電気部品は水や洗剤をつけないようにします。

週に1度はキッチンの壁掃除を

水しぶきや油煙、魚を焼く煙に水蒸気といった様々な「汚れの元」にさらされるキッチンの壁や天井は、家中で最も汚れやすい場所。タイル貼りやキッチンパネルを張ったキッチンなら週1ペースで掃除する習慣をつけましょう。

お掃除は、まず台所用中性洗剤を水で薄めて柔らかい布で拭き、汚れを落としてから水拭きして仕上げます。なかなか落ちない目地に残るしつこい汚れは、台所用洗剤やクレンザーなどをかけてしばらく置き、使い古しの歯ブラシなどで磨き上げます。

その後は、よく絞ったきれいな雑巾で拭きとって仕上げると良いでしょう。
なお、キッチンを汚さないためには、料理するときもできるだけ換気を良くして煙や水蒸気を外に出すようにするのがコツです。