内部建具

障子、ふすま、ドアなど内部建具のお手入れ

室内ドアや障子、ふすまなどの内部建具も、長く使っているといつの間にか汚れが蓄積されてしまうもの。気づいたときには汚れを落とすのに苦労するほどになってしまいます。室内の建具類も日ごろからこまめに清掃することが大切なのです。

なお、ドアや障子、ふすまなどには木材が使われ、障子やふすまには紙も貼ってあります。いずれも水気が苦手な素材なので、普段のお掃除では水を使わず、ほこりを払ったり、から拭きすることがお手入れの基本となります。

内部ドアはから拭きが基本

室内のドアは、勝手口や玄関ドアのように汚れる場所ではないので、日ごろのお掃除時にお手入れすれば十分です。表面のほこりを払い、柔らかい布でから拭きするのが基本。頻繁に水拭きすると表面材が剥がれたり、変色してしまう可能性があります。同様に、シンナーやベンジン等の薬品も使わないこと。

目立つ汚れを見つけたら、住宅用洗剤をぬるま湯で薄めたものを柔らかい布につけて、これを固く絞って拭いて汚れを落とします。建具表面に洗剤分が残っているとシミになることがあるので、水気を固く絞った雑巾(おろしたてのきれいなもの)で拭いて、洗剤を取り除くようにします。

またドアノブやレバーハンドルも住宅用洗剤を水で薄めて布に含ませて拭いてから、水拭きして仕上げましょう。

温度や湿度の変化に敏感な木製建具

室内ドアや障子、ふすまなど、木や紙を素材とする内部建具は、温度や湿度の変化に敏感です。特に木材は温度差や湿度の状態で反ったり捻れたりすることもあり、ひどくなるとドアの開け閉めがきつくなったり、ドアと枠の間などに隙間が生じることもあります。普段からドアの開閉やきしみ音などに気を付け、毎日のお掃除を行うときに、合わせてこうした箇所を一通り点検すると良いでしょう。

そして、もし異常に気付いたらできるだけ早く修繕するようにします。ただし新築住宅の場合は、開け閉めに支障がない限り1年ほど待った上で、それでもひどくなるようなら専門家に相談します。ドアの丁番の耳障りな金属音などは、シリコンスプレーを吹きかけたり、丁番のネジのゆるみを締めなおすだけで直る場合も少なくありません。

和室の清潔感を演出する障子の白さ

真っ白な障子は和室の清潔感を演出する大きなポイント。
特に障子やふすま紙についたホコリを放っておくと湿気を吸ってシミを作るので、ほこりが残らないようこまめなお手入れが欠かせません。

また木枠や障子の桟の部分には白木が使われており、この白木の美しさを守る上でも毎日のお手入れが欠かせません。普段は、ハタキやブラシ、静電気でホコリを吸いつけるダスター等でこまめにほこりを落としていくのが基本です。白木の枠はから拭きですが、もし、白木に手垢などの汚れがついてしまったら、白木用漂白剤で汚れを落とし、お湯で吹いて薬剤を完全に拭き取ります。さらに、時折白木専用のワックスをかけておくと汚れを防ぐことができます。なお、漂白剤やワックスを使うときは換気に十分注意しましょう。

湿気とほこりが大敵!襖のお手入れ

襖をきれいなまま長持ちさせるには、障子と同じように表面のほこりをこまめに掃除して、常にホコリが残らないようにすることが大切です。湿気に弱い建具なので、部屋の風通しを良くして襖紙が吸った湿気を乾かすことも重要。湿気の多い季節に部屋を閉め切りにしたままにしておくと、ふすまが湿気を吸収しカビが生えてくることさえあります。でも、だからといっていつも開けっ放しにおくと、二重になった襖が反ってしまったり、不均一に日焼けしてしまうので注意が必要です。

一方、ふすまの枠や引手部分が汚れていたら、住宅用洗剤をぬるま湯に薄めて柔らかい布につけて拭きます。その後水拭きして洗剤分を取り除いたうえでから拭きし、水分も取り去ります。

障子・襖の張替に挑戦しよう

基本的には、障子は1~2年おき、ふすまは3~4年おきが張替の目安となります。
ただし、家族のお子様がまだ小さい場合は、障子・ふすまの痛みや汚れも激しくなりがち。落書きされたり、破られてしまったときは、痛みがひどくならないうちにお手入れした方がよいでしょう。

張替は、障子・ふすまとも、近年はDIYの店等に自分の手でできるセット販売されています。それぞれの説明書をよく読んで道具や材料をそろえ、指示通りに丁寧に作業していけば、それほど難しいことではありません。特に障子紙は室内空気の正常化作用も備えているので、年に1度は張り替えたいものです。

なお、新しくふすま紙を張り替えたときは、引き手の周辺に防水スプレーを吹きかけておくと汚れが付きにくくなります。