電気設備

安全と省エネのために電気設備のお手入れを

照明や冷暖房はもちろん、AV機器やパソコン機器、調理器具に至るまで、現代の住宅は電気なしでは生活できないほど、様々な電気機器が使われています。こうした電気製品やこれらに電気を供給する電気設備を安全に使っていくには、正しい知識とこまめなお手入れが欠かせません。また、電気を経済的に使っていく上でもお手入れは効果があります。専門家に頼りきりになってしまいがちな電気設備ですが、正しい知識を身につけて、安全に経済的に使いましょう。

ご存知ですか?マイホームの電気容量

現代の住宅はほとんどすべての部屋に電気の配線が張り巡らされ、どこでも電気器具が使えます。こうした電機の回線は、その安全な使用のため各配線ごとに限界容量が決められ、制御されています。

電気を安全に使うためには、まずこのマイホームの許容電気量と家電製品それぞれの消費電力を把握しておくことがカギになります。その配線で、あるいは全体で、どれだけの電気容量があるのか。またどの部屋のどの電気製品を使うと消費電力はどうなるのか。これらを調べることで、その家の「安全で効率的な電気の使い方」がわかってきます。特に電機の使い過ぎでたびたびブレーカーが落ちる方は、マイホームの電気容量を把握したうえで、それぞれの電気製品の使い方について家族で話し合ってみましょう。

分電盤もお掃除が必要です

電気スイッチやコンセントにほこりを溜めると動作不良などの原因になります。特にコンセントとプラグの隙間にほこりは危険。こうした箇所にほこりを溜めないよう、こまめに掃除しましょう。

また、マイホームの電気の入り口であり、各部屋への中継基地でもある分電盤もお手入れが必要です。玄関や廊下の壁面部分、クローゼット内側など目立たない場所に設置されているか、ブレーカーが落ちた時くらいしか触らないという人も多いですが、ホコリを溜めないようスイッチまわりを中心にお掃除すると良いでしょう。

ただし電気設備・機器の使用は製品により異なり、正しく使わないと重大な事故に繋がりかねません。まずはそれぞれの取扱説明書を読んで使い方を把握し、本記事の記述と説明書の記述が異なった場合は、説明書を優先しましょう。

ブレーカーが落ちてしまったら

電気を使いすぎるとブレーカーが落ちて電気の供給が遮断されますが、これにはいくつかのケースがあります。

1つは複数ある回路のどれかの電気を使い過ぎ、その回路につながる配線用遮断器(安全ブレーカー)が働いて切られてしまった場合は、ブレーカーのスイッチが完全に下まで落ちています。この場合は、その回路に繋がっている電気器具の電源を落としてからブレーカーを入れなおします。もしも関連する電気器具を減らし規定の使用量に収めても回復しない場合は、配線などの故障も考えられます。すぐに専門業者や電力会社に連絡しましょう。

また、電力会社より(北海道、東北、東京、北陸、中部、九州の6社)、回線合計の電力が契約電力を超えると自動停止させるアンペアブレーカーが設置されている場合もあります。これが落ちた場合は、同様に電気器具の電源を落としてから入れなおしましょう。

一方、漏電遮断器(取り付けは任意)が作動して電気が止められてしまう場合もあります。

このケースでは、スイッチが半分落ちた状態になり、回路内のどこかで漏電が発生したことを示しています。極めて危険な状態なので、応急処理を施したうえでできるだけ早く管轄の電力会社に連絡してください。

応急処置は、まず、配線用遮断器(安全ブレーカー)のスイッチをすべて切り、電気器具や配線器具に人が触れてないことを確認・徹底。そのうえで漏電遮断器を入れなおして、配線用遮断器を1つずつ確認しながら入れていきます。漏電遮断器が再び落ちたら、その回路が漏電しているとわかります。その回路の配線用遮断器を切ったまま、再度漏電遮断器を入れなおし、電力会社の到着を待ちましょう。

こまめに掃除したいエアコンのフィルター

エアコンの冷房が十分効かないと、つい冷房を「強」に入れて電気を浪費してしまいがち。
しかし、実はその原因の多くは、エアコンフィルターにほこりが溜まって冷暖房効果を著しく落としているからです。

フィルターの掃除は、月1回を目安にできるだけこまめに行わなければなりません。その基本的な流れは以下の通りです。

  1. (1)エアコン本体からフィルターを取り外し、庭やベランダで掃除機をかけます。
  2. (2)フィルターを水洗いし、細かな汚れも古い歯ブラシなどを使って擦り落とします。
  3. (3)水分を丁寧に拭きとって陰干しし、きちんと乾いたことを確認して本体に取り付けます。この時、水分が残ったフィルターを使うと汚れやすく、カビも生えやすくなるので、乾燥はきちんと行いましょう。

お掃除しない照明器具は明るさもダウン

高いところにあるため照明器具の掃除は忘れられがち。「年末はまとめてやる」という方も多いのでは?

しかし、たとえば照明器具を1年放っておくと、積もったほこりや汚れで明るさは10~40%もダウンします。特にキッチンなど汚れやすい場所の明かりや掃除しにくい玄関ホール吹き抜けの照明は、半年に1度は掃除した方がよいでしょう。

照明器具のお掃除はもちろん必ず電源を切ってから。住宅用洗剤をお湯で薄めて柔らかい布を浸け、これを固く絞って器具の汚れを拭き取ります。さらにきれいな布で水拭きしたら、器具を良く乾かして電源を入れます。切れたり、切れかけて点滅している電球はすぐに交換すること。もちろん電球は必ず、その器具に合ったワット数の製品を選びましょう。